HIRAKI SAWA | さわひらき

まずは飛行機の絵。絵葉書サイズのキャンバスに飛行機を描くのだけど、背景は真っ黒に塗る。これで飛んでいるのか滑走路で待機中なのか分からなくなって、それはまるで日常に空を見上げると、空をゆっくり移動しているイメージになったり、飛行場の横の駐車場で飛行機の離着陸を眺めてる時のイメージになったり、まだ行ったことのない土地の上空を飛んでいるイメージだったり。

などなど私の頭の中でいくつか別の場所に存在して、場所や時間や速度をまたいで空想を掻き立てるものになる。

次にその飛行機を私の住んでいた家の中に招き入れた。普段は家の外で見る大きな飛行機が私の部屋の中で、外の風景の一部のように浮遊し移動していく。

部屋を仕切る固い壁を地平線に見立て。自分が安全と感じる身近な空間の内で虚構の旅行していく妄想を映像にした。そのイメージは子供の時に見た夢のようで、白昼に見る想像の世界でもあるような。現実と非現実の境界の隙間に想像の空間と時間を作り出した。私にとって映像はその空間と時間を形にする最良の表現手段の一つだった。

私が映像を作り始めた頃に視点の質問を何度もされたことを思い出す。これは誰の視点で何を見ているのかと。自分がカメラを覗いて、ファインダーそしてレンズの向こう側にある物たちを見ていると思ったら。それはたぶん、その物たちの背景に建っている壁の裏にある見えない不可思議な存在に興味があると気づいた。

First of all, I painted an airplane on a postcard-sized canvas.

The black background makes it unclear whether the airplane is in the air or taxying on the runway. The image becomes the kind of scene you can see daily above your head, in the sky or at the airport, from the parking lot next to the runway or when you’re in the air, flying above lands you’ve never been to. These airplanes exist in different places in my mind, and this stirs the imagination through places times and velocities.

I invited these planes into my apartment. Airplanes cruise inside, as they do outside of home. Walls become horizons. I created images of fictitious journeys within the safety of my dwelling.

Images that are childlike, daydreams. I created non=physical time and space in between reality and unreality. Moving image is one of the best ways for describing these things.

When I started making movies, I was often asked about the point of view, whose it is, and what they are looking at. I’m looking at things through the camera, the view finder, the lens. Perhaps what I’m looking and interested in is what is behind them, the backgrounds of those things.

h2

h3

h4

h5

h6

h7

さわひらき
アーティスト

石川県生まれ。高校卒業後に渡英、現在はロンドンと金沢を拠点に制作をしている。ロンドンの美術大学で彫刻の勉強をしたのちに、友人の手伝いでコンピュータのアニメーションソフトを使ったことがきっかけとなり映像作品を作り始める。映像がもつ時間軸と、撮り貯めたイメージのコラージュを使い、自身の心象風景や記憶の中にある感覚といった実態のない個人的な領域をビデオインスタレーションで表現する。映像や立体造形物を巧みに操り再構成することで、現実にはありえない光景を描きながら、どこか親しみを感じさせる世界を作品の中に生み出し、見る人の想像力に働きかける。近年は映像の配置を絵画的・彫刻的に捉えた空間構成や、立体や平面作品を併置させるなど、映像と展示空間とが互いの領域を交差するような作品に取り組み、世界各地で発表している。

主なプロジェクト・展覧会:「リヨン・ビエンナーレ」(2003年、2013年、リヨン、フランス)「横浜トリエンナーレ2005」(2005年、横浜)「Six Good Reason to Stay at Home National Gallery of Victoria (2006年、メルボルン、オーストラリア)「アーティストファイル」国立新美術館(2008年、東京)「第6回アジア・パシフィック・トリエンナーレ」(2009年、ブリスベン、オーストラリア)「Carrousel」Musee du Temps and Musee National des Beaux-Arts de Besancon (2010年、ブザンソン、フランス)「シドニー・ビエンナーレ」(2010年、シドニー、オーストラリア)「Lineament」資生堂ギャラリー (2012年、東京)「Whirl」神奈川県民ホールギャラリー(2012年、横浜)「Under the Box, Beyond the Bounds」東京オペラシティ アートギャラリー(2014年、東京)「Reborn-Art Festival」(2017年、宮城県石巻市)「奥能登国際芸術祭」(2017年、石川県珠洲市) 「Fantasmagoria PARAFIN (2018年、ロンドン、イギリス) 「潜像の語り手」神奈川芸術劇場(2018年、横浜)

Hiraki Sawa
Artist

Born in Ishikawa. Completed MFA in sculpture at Slade School of Fine Art in London in 2003. Currently based in London and Kanazawa. Sawa expresses intangible domains such as imaginary landscape or certain senses exist in memories by video installations consist of moving image, three-dimensional and two-dimension-al artworks. By manipulating moving images and three-dimen-sional structures, Sawa realises implausible and yet familiar scene in a given exhibition space which appeal to audience’s imagination. His recent artworks attempt to intersect moving images and exhibition space each other by constructing space through sculptural arrangements of moving images or laying three-dimensional and two dimensional artworks side by side.

Major projects and exhibitions include Lyon Biennale (2003, 2013, Lyon, France), Yokohama Triennale (2005, Yokohama, Japan), “Six Good Reason to Stay at Home” at National Gallery of Victoria (2006, Melbourne, Australia), “Artist File” at New National Museum (2008, Tokyo, Japan), the 6th Asia Pacific Triennial of Contemporary Art at the Queensland Art Gallery, (2009, Brisbane, Australia), “Carrousel” at Musee du Temps and Musee National des Beaux-Arts de Besancon (2010, Besancon, France), the 17th Biennale of Sydney (2010, Sydney, Australia), “Lineament” at Shiseido Gallery (2012, Tokyo, Japan), “Whirl” at Kanagawa Prefectural Gallery (2012, Kanagawa, Japan), Under the Box, Beyond the Bounds” at Tokyo Opera City Art Gallery (2014, Tokyo, Japan), Reborn-Art-Festival (2017, Ishinomaki, Miyagi, Japan), Oku-Noto Triennale (2017, Suzu, Ishikawa, Japan) and “Fantasmagoria” at PARAFIN (2018, London, UK), “Latent Image Revealed” at KAAT (2018, Yokohama, Japan)


PEOPLE :

フリーペーパー・ディクショナリー
サポーター&配布ネットワーク募集