KATSUMI SUNAMORI

砂守勝巳

1951 年沖縄本島に生まれ、奄美大島で少年時代を送り、15 歳で大阪へプロボクサー(神林拳闘会) を経て写真家となる 1984 年、大阪『釜ヶ崎』のドキュメント・フォト集『大阪流転』で月刊プレ イボーイ誌(集英社)のドキュメント・ファイル大賞奨励賞を受賞 1996年、写真集『漂う島 とまる水」 第 15 回 土門拳賞・第 46 回日本写真協会新人賞受賞。2009年6月 23 日、胃がんにより死去。 57 歳没

砂守かずら

女子美術大学付属中学高校短期大学(彫塑)卒業後、ファッションモデルを経て写真家の父、故砂守 勝巳(第 15 回土門拳賞・第46回日本写真協会新人賞受賞受賞)の遺作を保存・研究・発表を行う。 武蔵野美術大学通信教育課程(文化支援専攻)卒業論文「写真家砂守勝巳が見た釜ヶ崎の太陽」京 都造形大学院通信教育課程(美学・芸術学専攻)修士論文『雲仙・普賢岳噴火災害写真にみる砂守 勝巳のリアリズム」2014-17 年まで南海日日新聞 「つむぎ随筆」でエッセー執筆 2020年2月、初の 大規模個展を原爆の図丸木美術館で美術評論家椹木野衣氏のキュレーションで開催した。現在は写真 家石川直樹氏監修の写真展を巡回中。

THE GALLERY 新宿1

2020年3月31日 (火)~2020年4月13日 (月) 日曜休館 10:30 ~ 18:30(最終日は 15:00まで)

THE GALLERY 大阪

2020年4月23日 (木) ~ 2020 年5月2日(土) 日曜休館 10:30 ~ 18:30(最終日は 15:00 まで)

※コロナウィルスの影響で当初の予定が延期になり 今後の詳細は Nikon の公式ページで発表します。


フリーペーパー・ディクショナリー
サポーター&配布ネットワーク募集