WHY Lithuania? 02 Winter

クリスティヨナス・ブデリス 文/写真
Kristijonas Budelis text / photo

空港のターミナルのドアを出ると、冷たい湿り気を帯びた空気に髪がなびいた。あの新鮮で凛とした空気を肌に感じるのはずいぶん久しぶりだった。私は新雪を踏みしめながら歩く。あたり一面真っ白な世界に目が慣れるのに時間がかかる。靴の下で雪がきゅっきゅっと鳴る音が好きだ。幼い頃のたくさんの思い出が蘇る。近所の友達と森の中を走り回り、息が切れ疲れてしまうまで雪合戦をして、いったん家に帰り大きなカップにシナモンをたっぷりいれたココアで一休み。再び森に繰り出して暗くなるまで遊んだものだ。

Terminal door closes behind me and cold, thick wind catches my hair. I start thinking that it has been too long since the last time I could feel that fresh, crispy air touching my skin. I step outside onto the freshly fallen snow. It is so white around me that it takes a moment till my eyes adjust. I love hearing the crunching of the snow under my feet. The sound brings tons of memories from my childhood. Running around the forest, playing snow wars with friends from the neighborhood till breathless and tired I would go back home for a huge cup of hot cocoa with lots of cinnamon on top and after the break I would run back outside to keep playing till dark.

脾臓に染み渡るほど深く息を吸うと、笑顔がはじけた。来た来た!とても会いたかった、懐かしい人たちが、私のほうへ走ってきて、思いっきりハグをする。すぐにおしゃべりが始まる。そのおしゃべりは家に帰るまでほとんど止まらないのだ。そして私は、あの空気、雪、何よりも私の家族に、どれほど会いたかったかということに気がつく。実家までの道すがらの高速で、ラジオから昔聞いたクリスマスソングが流れていた。毎年この時期がどれほど大きな意味をもっていたことかと、改めて思った。ホワイトクリスマスを故郷で過ごすのは、2、3年ぶりだ。あっという間だった。空から舞い降りる雪を見上げていると、今通ってきたばかりの森がまるで絵葉書のように見える。そして、ついに家のガレージに到着したのだが、私はそのことにほとんど気が付かなかった。クリスマスツリーの香りがする。みずみずしく強烈な香り。美しく飾られたツリーは暖炉の隣のクリスマスライトに照らされ、たくさんのプレゼントに囲まれている。私は荷物を置いて、暖炉の前のソファに体を投げ出す。その瞬間、私の体はリラックスし、体中の筋肉が緩み、頭はおびただしい数のクッションに沈みこんでいくように感じる。そして目を閉じる。両親の声、食器のガチャガチャという音、テーブルクロスがサラサラ敷かれる音。うきうきした準備の音。私はこの感覚を心に留めておきたいと思った。家族が再会し、みんながうきうきしている音、キッチンから漂ってくる匂い。オーブンで鴨が焼かれている。この空気に、瞳に、言葉に、すべてに愛を感じる。安らかで暖かいものが私の体を駆け巡る。これこそが本当の幸せだと思う。

I inhale deeply to the bottom of my stomach and a huge smile appears on my face. Here they are, beautiful familiar figures running towards me, well known though badly missed faces and warm long hugs. In a moment chatting, which hardly ever stops when I am back at home, begins. I finally realize how much I have missed all this, the air, the snow, the scenery, and, of course, most of all, the family. On the high-way leading home, radio sound brings out old and so deeply known Christmas songs. It amazes me how strong is the effect of this time of the year on me. I realize that a few years have already passed since the last time I had white Christmas. Time really flies. Watching the snow fall from the sky making the passing forests look like a postcard, I barely notice when the car pulls in the garage and we are finally at home. It takes only one moment till I can feel the scent of Christmas tree. Fresh and vivid. I know it will be standing all decorated and beautiful, lit by Christmas lights next to the fireplace, and certainly, bursting in presents. I drop my luggage and run directly to the living room collapsing on the couch in front of the fireplace. At that very moment my body starts to relax, all my muscles loosen up, my head sinks in, it seems, thousands of cushions and I slowly close my eyes. I still can hear the noises around me, my parents’ voices, clanging plates, rustling table cloth – the noises of excitement and preparation. I want to save this feeling in my head. The sounds of family getting back together, everyone getting ready, an amazing smell coming directly from the kitchen. Duck in the oven. And all the love which you can feel in the air, in others’ eyes and words. Just a total tranquility and warmth goes through the body. This is what I call a true happiness.

ドアベルの音がしてリビングに戻る。最初のゲストだ。リビングの雰囲気がすっかり変わっていて驚いた。ダイニングテーブルにはたくさんのご馳走が並んでいる。優美なテーブルウェア、たくさんのキャンドル、おしゃべりの声、パチパチと静かに音を立てる暖炉の火、そして、ただ一緒に過ごすためだけに集まった大切な人たち。準備はできた。すべてがパーフェクトだ!

The sound of the doorbell brings me back to the living room. First guests. I open my eyes. The huge transformation of the room just simply astounds me. Dining table is completely full of the most delicious dishes, set with elegant tableware, candles spread everywhere, familiar voice chatting in the background, fire quietly crackling in the fireplace and precious people coming back home just to be together. Everything is ready. Everything is just perfect.


li2

クリスティヨナス・ブデリス
建築・インテリアデザイナー

リトアニア出身。カウナス工業大学で建築を専攻し修士取得後、全ヨーロッパ・全アジアの卒業プロジェクトで三位入賞。2015年タリン建築ビエンナーレに出展。安井建築設計事務所、takram design engineering 勤務を経て、DOGMA3に所属。シンプルかつアート性の強いデザインが特徴である。


PEOPLE :

フリーペーパー・ディクショナリー
サポーター&配布ネットワーク募集