WHY Lithuania?

クリスティヨナス・ブデリス 文/写真
Kristijonas Budelis text / photo

私が初めて日本に来た時から、私の周りの人々は、リトアニアについてさまざまな質問をたくさんしてきました。私の国を含むバルト諸国に関することが、日本の人々にとって、未知の文化で不思議な国であり、まるで沢山の秘密が隠されているかのように聞こえてきた。それはきっと、アフリカやヨーロッパにも同様に思える、ライフスタイルや文化の違いがあるからではないでしょうか。なので、私がどんな話をしても、日本の皆さんは、私の話を信じてくれるほど、未知な世界のリトアニアです。現在のリトアニアは、歴史から学んだ自分たちの国を誇り、自分たちを信じる強さと、心の美しさを分かち合う人々であります。それは約26年前に独立したばかりの国なので、分かち合う思想が大事なのです。また、世界から見たリトアニアはとても小さいけど、この魅力的な国を知ると、恋に落ちると確信しているよ。私は、自分の考えや美の自然大国の理由や強さの秘密を、こちらのコラムで分かち合ってみたいです。「WHY リトアニア?」という一連の記事を書き、私の心のひとかけらを表現するので、この記事を読んでもらえたら、一緒に楽しみを分かち合えると思います。

Since the very first time I came to Japan people around me have been asking lots of various questions about Lithuania. It seems like everything about all Baltic countries, including my country, is still very mysterious, covered by thousands of secrets, unknown culture and different views and lifestyles. It seems that Lithuania can be equally placed in Africa or Europe, and nobody would be surprised whatever story I would make, but I want to show the actual country with it’s history and strong people, share the beauty of it’s nature and beauty of Lithuanian hearts, I want to show that little precious dot on the globe that I am sure you would fall in love with the same way I did when I left it for good. I am going to share my thoughts and memories, secrets and strength about one part of my heart which I still call home in a series of articles called “WHY Lithuania?”. I hope you will enjoy reading and following it.

空港。自分が「このこと」のために、大急ぎで空港に突進していくような人間だとは思ってもみなかった。フライトまであと数分。まるで子供のような屈託のない笑顔を浮かべながら私は走っている。ひたすら人込みをかき分けゲートをめざす。鳥肌さえたてて。どんなに今日の日を待ち焦がれたことか。
そしてついに今、飛行機が私を待っている。もうすぐ出発だ。なじみのある顔つき。聞きなれたジョーク。私の体に染みついているのと同じ仕草や顔の表情。知らず知らずのうちに体はリラックスし、心は穏やかに満たされる。「家」に帰るのだ。

Airport. I’ve never thought I would be the person who rushes to the airport for this reason. And here I am running like a kid with a huge smile on my face, knowing that I have only a few minutes to spare before I catch the flight. I just want to get myself through the crowded waiting hall to the gates. I even can feel goose bums on my skin – this is how badly I have been waiting for today. This is how much I have needed it. And, finally, there it is – plane waiting for me, waiting to depart. And here familiar faces are, same questions and jokes heard thousands of times, similar manners and face expressions, and for some unknown reason my body relaxes overwhelmed with peace. I am here, on the way back home.

12時間後、私は、懐かしさでいっぱいの景色の上を飛んでいた。一つ 一つの景色のかけらが、キラキラした遠い記憶を呼び覚ましてくれる。果てしなく広がる牧草地、冷たい青い海、海岸を縁取る松林──どれも夏の思い出でいっぱいだ。暖かな感覚が私の体を駆けめぐる。海岸線の形が変わるほど森が広がり、自然の力強さを感じる──鬱蒼たる森、遊歩道を覆いつくすほど密集した木々。その清々しい空気が香ってくるようだ。くらくらと眩暈を感じてしまうほど、濃厚な自然の芳香が。そして、無数の湖や川が、森のキャンバスに一幅の名画を描いている。「美しい。」この言葉が最初に浮かんだ。しばらくすると、深い森の中に赤い屋根が顔をのぞかせ、赤い屋根はだんだん増えて、やがて景色を占領する。その周りには、空に向かってそびえる鐘楼や、町を流れる川、緑の丘が見える。
私はここにいる。帰ってきたのだ。「リトアニア」に帰ってきたのだ。

12 hours later I find myself flying over the scenery which always flips my heart, each view bringing up precious memories from, it feels like, ages ago. Endless meadows, cold sea and wonderful coastal pine groves – places full of summertime memories. Lots of warm feelings rush through my body. Coastal line is being changed by borderless forests, and it comes with such a huge strength – intense greenery, thick trees’ patterns hardly giving space for pathways, – that I can even smell the freshness of the air, that heavy nature scent which makes my head dizzy. And, of course, countless lakes and rivers drawing pictures on the forest canvas. Beautiful. That is the first word coming to my mind. And I can already see red rooftops gradually popping up from the thick greenery. It is gradually becoming denser by a minute until that is all I can see – red rooftops with lots of bell towers aiming to the sky, rivers crossing the city, green hills all around them. I am home. I am back to Lithuania.


li2

クリスティヨナス・ブデリス
建築・インテリアデザイナー

リトアニア出身。カウナス工業大学で建築を専攻し修士取得後、全ヨーロッパ・全アジアの卒業プロジェクトで三位入賞。2015年タリン建築ビエンナーレに出展。安井建築設計事務所、takram design engineering 勤務を経て、DOGMA3に所属。シンプルかつアート性の強いデザインが特徴である。


PEOPLE :

フリーペーパー・ディクショナリー
サポーター&配布ネットワーク募集