植田 工

1

<<a woman>> 2018
植田工

2

<<flowers>> 2018
Takumi Ueda

子供の頃から何度も聞いたかぐや姫のお話ですが、数年前、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』を観る時まで、かぐや姫は死んでいた人だとは思いもしませんでした。なぜかぐや姫はこの世に戻ってきたのか、アートの本懐はこの物語の構造そのものなんじゃないかと思うのです。それは死者への弔いであり鎮魂です。すべての世界のアートは、人間の心を癒し、心が還る場所を示すものなんじゃないかと最近そんな気がします。自分にとって描くとは祈ることと関係しているように思います。

I’ve known the story of Princess Kaguya since I was a child, but I never thought she was a dead person until I saw The Tale of the Princess Kaguya, a film directed by Isao Takahata a few years ago. Why did Princess Kaguya return on earth? Perhaps the true meaning of art lies behind the very structure of this story. It is condolences for the dead and a requiescat. All art in the world heals our heart and shows home our heart return to, so I feel these days. Painting, for me, seems to be tied to prayer.


PEOPLE :

フリーペーパー・ディクショナリー
サポーター&配布ネットワーク募集