ueda1

「コロナ」のせいで色々困ったことになりましたが、自分の生活ペースはこれまでとかわらないのに 世の中の動きも鈍化していることに、なんとなくホッとしたりしてしまいます。五月晴れの空をながめていると心が落ちつきます。

COVID-19 has troubled us in a lot of ways. It has dulled what’s going on in the society even though I’ve been living as usual, which I find, for no reason, soothing. It may be because of refreshing sunny days.


植田工 Takumi Ueda

1978年東京都生まれ。東京芸術大学卒業。(株)オリエンタルランドを退職後、科学者・茂木健 一郎氏に師事しアーティストとしての活動を始める。2017 年、独立。2018年、池上高志+植田工「マ リア、人工生命、膜、魚」を青森トリエンナーレ、日本科学未来館に出展。

Born in 1978 in Tokyo. Graduated from Tokyo University of the Arts. After retiring from Oriental Land Co., Ltd., he studied under the scientist Kenichiro Mogi and began working as an artist. Become a freelance in 2017. In 2018,Takashi Ikegami and Takumi Ueda’s collaboration art work “Maria, Artificial life, Membrane, Fish” was exhibited at Aomori Triennale and National Museum of Emerging Science and Innovation a.k.a. Miraikan


フリーペーパー・ディクショナリー
サポーター&配布ネットワーク募集